新しい人生の始まりを記念して、再婚のあなたに。

アクセス

ご相談・お問い合わせはこちらから 052-950-5015

  • メールでのお問い合わせ
  • 来店予約

再婚のあなたに

再婚をすることになったけど…

「二回目だから結婚式を挙げなくてもいいかな」と
お考えの方もいるでしょう。

でも、せっかくなら新しい人生の始まりの記念に、再婚までの道のりを支えてくださった方々をお招きして感謝の気持ちを伝えたり、みなさんへのお披露目の機会として結婚式をしませんか?
また、「再婚の場合はどんな結婚式にしたらいいのかな?」とお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。

初婚だから、再婚だから、といった決まりはありませんが、気を付けたいポイントがありますので、お二人やご家族、ウエディングプランナーとしっかりと相談をしてお二人に合う最高の結婚式を一緒に考えていきましょう。

ご家族へのご報告について

再婚を決めてまず悩まれる事は、お互いの両親や家族へのご報告ではないでしょうか?再婚同士のお二人であればあまり問題にならないと思います。
しかし、一方が初婚で一方が再婚という場合は親や家族への挨拶や結婚の報告にも配慮が必要です。

ご挨拶の前に、事前に「相手の方は再婚である」と伝えておくほうが無難でしょう。

気を付けたいポイント

相手が初婚の場合は相手にとって初めての結婚式です。相手だけでなくご両親も「結婚式で子供の晴れ姿を見たい」と願っていることでしょう。
お二人の気持ちだけで結婚式を決めるのではなく、ご家族で話し合ってどんな結婚式にするのか決めていくとよいですね。

再婚だからといって結婚式を控えなくてもOK

結婚式に対する考え方は人それぞれです。
決まりはありませんので
「再婚だから結婚式は控えた方がいい」
「こうしなければいけない」などはありません。
まずはどんな結婚式にしたいのかなど、
よく考えてイメージを固めることをオススメします。
親族のみの結婚式や、友人を大勢招いて気軽なパーティーにしたり、
様々なスタイルがありますよ!

オススメポイント

国内挙式をしたことがあるのであれば海外挙式にしたり、和装を着た経験がないのであれば白無垢や色打掛を着てみてはいかがでしょうか?
「二回目の結婚式だから・・・。」と気にするのではなく、
「二回目だから今度はこうしたい」など結婚式を楽しんでください。
親族のみの挙式にしたり、結婚式のスタイルはさまざまですよ!
どんな結婚式にしようか迷っているかたは、気軽にウエナビスタッフに相談してみてくださいね。

結婚式は、ゲストへのお披露目の機会と考える

結婚式だからといって、無理に豪華にしたり派手にすることはありません。
お二人が望む結婚式をすることが大切です。
そして、結婚式を”家族のお披露目”の場と考えてはいかがでしょうか?

結婚式をすることできちんとけじめをつける意思表明にもなりますし、支えて下さった方々への感謝を伝える場にもなりますよ。

オススメポイント

「1回目と同じゲストを招待してもいいのかな?」とお悩みのあなた!
ゲストを変えなければいけないなど決まりはありませんので、大丈夫ですよ。
どうしても気になるのであれば、お祝をしていただくのではなく“お披露目のために
お招きする“と考えて、ご祝儀を頂かないなど相手への配慮を考えてはいかがでしょうか?

結婚式を通して家族の絆が強くなります

お子様がいらっしゃる再婚の方もいらっしゃいますね。お子様の年齢にもよりますが、再婚をして新しい家族になることを理解できるのであれば、お子様にしっかりとお話をしなければいけません。
「再婚をしてこれから家族になる事、それはとっても幸せで楽しい事なんだよ」と、小さいながらにもお子様は分かるものです。
挙式のリングボーイやフラワーガールをしてもらったり、披露宴でお子様も一緒にご入場されたりなど、お子様も一緒に楽しめる結婚式にしてはいかがでしょうか?
一緒に準備をしたり、楽しむ事で“家族の絆”が強まることでしょう。

気を付けたいポイント

お子様のことを考えてあげる事が大切です。
お二人だけで結婚式を考えるのではなく、お子様も一緒に考えたり参加をすることで、家族としての強い絆を築くことができるのではないでしょうか。

お子様も一緒に楽しめる演出

リングボーイ・リングガール

チャペルや教会などでのキリスト教式の場合、新郎新婦が指輪交換を行ないます。
使用する指輪を運ぶ役目がリングボーイ(リングガール)です。

ベールガール

チャペルや教会などでのキリスト教式の場合、花嫁が入場をする際にベールの裾を持つ役目です。
長いベールを持ち、踏まないように花嫁に合わせて歩かなければいけないので小学生以上の子が行なうと安心です。

乾杯の音頭

披露宴での乾杯の音頭をお子様に言ってもらってはいかがでしょうか?「かんぱい!」と一言だけで構いません。
お子様が言う事で、かしこまった場を和ませてくれるでしょう。

中座のエスコート

中座のエスコートはお母様や親しい友人にお願いする事が多いですが、お子様が一人で歩ける年齢であればお子様にエスコートをしてもらいましょう。
キレイな衣装の新郎新婦と手を取り歩く事は、お子様にとっても楽しいことですよ。

プレゼント贈呈

両親、親しい友人など感謝を伝えるために花束やプレゼントを贈られる演出を行なうなら、お子様から渡していただいてはいかがでしょうか?
サプライズ演出で行なったり、お子様から一言コメントを言っていただけると会場はより一層和むことでしょう。

ウエディングサロン相談カウンター お電話の方はこちら:052-950-5015

来店予約

メールでのお問い合わせ

ウエディングサロン相談カウンター:来店予約

ウエディングナビゲーション
ウエディングサロン

〒460-0002
名古屋市中区丸の内3-17-13
いちご丸の内ビル 1階
(LAVIEEN ROSE内)

アクセス方法

お問い合わせ

Tel.052-950-5015

open/平日 11:00~19:00
土日祝 10:00~19:00
close/火曜日

メールでのお問い合わせ

オープニングキャンペーン

event

一覧へ

イベント情報

お役立ちウエディング情報

  • 記事はまだありません。

スタイル別ウエディング

スタッフブログ

Copyright (C) Wedding Navigation~ウエナビ~. All Rights Reserved.