絶対にやってはいけないポイント&マナー講座

アクセス

ご相談・お問い合わせはこちらから 052-950-5015

  • メールでのお問い合わせ
  • 来店予約

絶対にやってはいけないポイント・マナー講座

待ちに待った結婚式!

結婚式には新郎新婦の理想を詰め込み過ぎてしまいがちですが、2人が満足するだけで良いのでしょうか?
出席したゲストからも「良い式だった!」と言っていただけるような素敵な結婚式にしたいと思いませんか?
そのためにはいくつか気を付けたいポイント&マナーがありますのでご紹介いたします。

ポイント&マナー講座

入場について

入場のシーンはゲストにとって写真を撮るチャンスです。
新婦は慣れないドレスを着て歩きずらさを感じたり足元が気になり目線が下がりがちですが、
できるだけ前を見てゆっくりとした動作で優雅に
入場をしましょう。

気を付けたいポイント

会場の全員と目を合わせるように意識。親族や親しい友人の方ばかり見るのではなく、全員の方を見るようにしましょう。
緊張して顔がひきつってしまわないように、にこやかな表情を意識しましょう。

食事について

以前は、新郎新婦は披露宴中に食事をとらない方が良いといわれていた時もありました。
今ではゲストと一緒に食事を楽しみながらの披露宴が多いのですが、ゲストの中にはそのことを良く思わない方もいらっしゃるかもしれません。

特に新郎新婦は常に見られている、注目の的であることを意識してテーブルーマナーを守ったスマートな食事をしたいものです。

気を付けたいポイント

食事は無理に手を付けなくても大丈夫です。着慣れないドレスを着ての食事、また緊張で食事が喉を通らないなんてこともありますので、無理をなさらずに食事をしましょう。
また、テーブルマナーには要注意です!

お酒について

ゲストからお酒を勧められる事が多いでしょう。
しかし、この日ばかりは飲み過ぎに要注意です!
かといって断るわけにもいきません。新郎新婦の足元には容器が用意されているので、口を付ける程度にして流してしまって構いません。

気を付けたいポイント

お酒を飲み過ぎて顔が赤くなってしまっては、せっかくの写真も酔っぱらった顔ばかりになってしまいます。
心配な方は、事前にノンアルコール飲料を用意しておいてもらえないか担当者に相談をしましょう。
また、仲の良い友人などには、「あまりお酒を勧めないでね!」と事前に伝えておいても良いでしょう。

ブーケトスとブーケプルズについて

ブーケトスは、誰の手元に届くかわからないように、新婦が後ろ向きになって未婚の女性ゲストに向かってブーケを投げる演出です。
ブーケを受け取ったら次の花嫁になれるという言い伝えですが、未婚女性への配慮を忘れずに!
※ブーケトス用のブーケを準備しましょう。
花を固定するためにワイヤーが使われているこもがあるので、ゲストが怪我なく受け取れるように、また投げても壊れないように確認をしましょう。

ブーケプルズは、新婦が持つブーケの先に何本かリボンを付け、未婚の女性ゲストがリボンを引く演出です。
その中の1本だけがブーケに繋がっており、ブーケトスと同様に引き当てた人は次の花嫁になれると言われています。
※挙式で使ったブーケを使用すると、リボンをつける準備が大変なのでブーケプルズ用のブーケを用意しておくとスムーズです。

気を付けたいポイント

どちらも参加者への配慮が必要です。適齢期の女性は参加することで未婚のさらし者になるのではと思い、参加を敬遠する方もいます。参加者の未婚女性を名指しで紹介することは避けましょう。事前に声かけをしておくことや、未婚問わず誰でも参加できるようにするなど演出を配慮しましょう。

真夏や真冬の屋外イベントについて

新郎新婦が好きな季節、記念日などで真夏や真冬に式を挙げる方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、真夏や真冬で屋外を使う場合はゲストへの気配りを忘れないようにしましょう。
天気の良い真夏の日に、屋外で長時間のイベントを行うと熱中症の危険や体調を崩される方も・・・。
同様に真冬の場合も要注意です。
暖かさなどの機能性よりも華やかさを優先した衣裳をお召しの方が多いので、寒い思いをさせてしまします。

気を付けたいポイント

どうしても屋外イベントをしたい!という場合はゲストも楽しめる事か、また何か不自由なことはないかなどを考えましょう。プランナーに相談して良いアイディアを出して頂く事もオススメです。

余興について

余興は仲の良い友人や職場関係の方にお願いをすることが多いでしょう。
ここで気を付けたいことは、その余興は“会場の誰もが良いと思えることか”です。
親しい間柄の友人や同僚だからこそ、新郎新婦について良く知っていて2人が喜ぶような素敵な余興をしてくださることでしょう。
しかし一部のゲストしか分からない話ばかりで盛り上がってしまったり、不快に思われるような内容は避けましょう。

気を付けたいポイント

余興をお願いする際に「何分くらいで!」「こういう事は避けてほしい」などお願いしたいことがある場合はきちんと伝えておきましょう。事前に情報共有をすることで、お互いに良い気持ちで、そしてゲストに楽しんでいただける余興となるでしょう。

ウエディングサロン相談カウンター お電話の方はこちら:052-950-5015

来店予約

メールでのお問い合わせ

ウエディングサロン相談カウンター:来店予約

ウエディングナビゲーション
ウエディングサロン

〒460-0002
名古屋市中区丸の内3-17-13
いちご丸の内ビル 1階
(LAVIEEN ROSE内)

アクセス方法

お問い合わせ

Tel.052-950-5015

open/平日 11:00~19:00
土日祝 10:00~19:00
close/火曜日

メールでのお問い合わせ

オープニングキャンペーン

event

一覧へ

イベント情報

お役立ちウエディング情報

  • 記事はまだありません。

スタイル別ウエディング

スタッフブログ

Copyright (C) Wedding Navigation~ウエナビ~. All Rights Reserved.